私は産後に生理痛が強くなった気がしていて、
特に生理から2週間後当たり、生理と生理のど真ん中くらいが
痛くてその場から動けなくなり、痛み止めを取りに行き飲むことができないほどになっていました。
痛み止めをこれまで飲んだことがほとんどなかったので、バファリンとかイブとかロキソニンとか、
その時にある市販薬をとりあえず飲むと、30分後に和らいで少し動ける感じ。

動けなくなるほどの痛みっておかしいよねって思ったし、
子供が何かあった時に動けないんじゃないかって怖くなり、
30代も終わるころ、やっと「これはおかしい」と思い立って、
産婦人科で見てもらうことに。

痛くなるのも、兆候が出てからピークに達するまで少し猶予があるので、
その時にどんぴしゃで診察を受けることができた。

スポンサーリンク

排卵しそうな卵子はあるけど、そんなに痛むものかなあ?と医師も首をかしげていて、
内診の後の再びの問診で「ピル飲んでみる?」とあっさり言われた。

でもピルって飲んだら妊娠しないんだよね?
私はもう子供産まないのかな?
迷ったので「夫と相談してきます」と言って、その日はロキソニンだけ処方されて帰ってきた。

夫と相談したところ、
「あんまり次の子が欲しいとも思わないけど、作らないと決めることもできない」
「積極的に欲しくはないけど、できたらできたでうれしいし」
とのこと。

年齢的にできにくくなる歳ではあるし、子供にも恵まれたし、もういいかなって思いつつも、
自分で「もう産まない」と選択して決断する、ってこの時は勇気が要った。

それに、もう一人欲しいなって気持ちも、自分の中に選択肢としてまだほのかに残っている。

夫のいい方はあいまいだったけど、私も同じ気持ちだったのだ。

だけど夫は一つ忘れていて、「決めないと毎月痛いのは私」ということ。

とりあえずもらったロキソニンでしのいで、1年くらい経ってしまった。

薬を取りに行くまでが瀬戸際だし、効き目が出るまでに30分~1時間はかかる。

それにやっぱり痛いもんは痛い。

もう40にもなるし、ってことで夫に「ピル飲んでみたい」と話してみた。
「そんなにつらいならいいんじゃない?」と承諾してくれた。

久しぶりにかかりつけの婦人科に行くと、あっさりピルが処方された。
まもなく40歳。

40歳からピルの副作用のリスクが上がるらしいのに、かなりあっさり。
血液検査もして、3か月分ピルをもらって帰ってきた。

ピルってあっさりもらえるのね、と拍子抜け。
あんなに悩んだのに~。

それからしばらく飲んでいたんだけど、確かに月経と月経の間のあの痛みがほとんどない!
それに、月経痛どころか、生理(正確には消退出血)もかなり量が少なくて、
夜用を使わなくなったほど。
不正出血かって思うくらい、量が少なく、自分比で期間もかなり短くなった。

最初に処方されたピルはサンデースタートのもので、
「日曜日に生理が来る」ってわかっていればお出かけの予定が組みやすくなって良いかな」
って思ったんだけど、私には合わなかったのか、毎回生理は木曜や金曜に来てしまっていた(笑)

そこで、いつから始めても良い、4か月は生理がこない、というピルに変えてもらった。
だけど、やっぱり28日くらいで生理は来る。

もう、私はピルがきっちり効かない体質なんだろう、排卵痛がほとんどなくなっただけでも良しとしようじゃないか!
なんて結構気楽に考えていた。

やったーって思っていたんだけど、1年くらい続けたところで・・・
この婦人科、たまに行くにはいいけどこれからピルと血液検査で定期的に行かなきゃいけないとなると、
毎回の待ち時間が気になり始めた。

そこで近くで予約制のところがないか、再検討してみた。

セカンドオピニオン的な気持ちもあって、次の産婦人科にかかってみたところ、
「40過ぎてピル飲んでるんですか?リスク高いですよ」
とばっさり言われる。
ちょっと美人系の女医先生だった。

「IUSはどうですか?生理自体がないかのようにほとんど出血もないし、
私も入れてるけどかなり楽になりましたよ」
「ピルは飲んでも42くらいまでかな、検討してみてください」
とのこと。
IUSのパンフレットをもらって、その日は帰宅。


スポンサーリンク

ピルは毎日一定の時間に飲む必要があって、飲み忘れると効果がなくなる。
40以上は血栓症のリスクも上がる。
何より、毎月1シート消費して、3000円前後かかる。
定期的に血液検査も必要。

一方、IUSは一度子宮内に入れてしまえば、費用はその時の10000円程度だし、
1か月ごと1年後に診察して、5年間は有効。
通う負担も費用負担もかなり軽い・・・!
そして副作用もないし。

でもこれも、「体の中に器具を入れる」っていうのがまた抵抗を感じて、
夫と相談。

数か月悩んで、悩んでいる間に前の病院でピルをもらって、
待ち時間が長かったのを機に、入れることを決意して、また女医さんの病院へ。

そしたら、今回は院長先生の男性医師で、説明が追加された。
前回の女医先生じゃなかったので、この病院へ移ってきた経緯を話したら、
内診になり、そこで衝撃的なことを言われた。

「あなたの症状は子宮内膜症の疑いがあります。
 疑いってだけで、実際は切り開いてみないとわからないで断定はできないんですけどね。
 そして、たまたま飲んでいたピルでその痛みが抑えられていたんじゃないかなと。
 
 IUSは子宮内膜症には効かないんだよね。
 月経困難症には効くけど・・・それを承知の上でやってみるならいいと思います。
 
 ただそれで、子宮内膜症の疑いの痛みが出てきちゃったら、次の手段考えましょう。

 ピルに戻すか、また違う痛み止めを飲むか、などです。」

子宮内膜症の図みたいなものを見せられて、I~IVまでステージがあるらしくて、私はIIかIIIの間あたりかな、とのこと。

えええーそうなの・・・、前の病院では何も言ってくれなかったのに。
聞いてよかったし、たまたまピル飲んでたのが良かったんだ。

泣きそうになりながら、引き続き今後の予定を聞く。

IUSミレーナは、どうやら生理の終わりかけに入れるらしい。
終わりかけって具体的にはいつですか?と聞くと、「6~7日目あたりかな?」と。

その時に診察して、子宮の異常等なかったら入れて、1か月様子を見るとのこと。

そして待ちに待った生理の終わりかけのころ、入れに行きました。
無事入れるよってことになったんだけど、入れるときにちょっと痛いって聞いてたけど
私が思ってた以上に痛い!!!
内臓串刺しになるかと思いました。
痛みに強いと自慢している私でもすごく痛くて、
「これって合わなかったり、5年後取り替えるときに取るときも痛いのかな」って
すごく不安になりました。

男性医師曰く、痛みについては
「30分から数時間で痛みは取れるから、個人差あるけどね」
「ちなみに私は男性だからもちろん自分で痛みを体験したことはないんだけど・・・」
と申し訳なさそうに言うからちょっと笑った(笑)

痛み止めを飲んでもいいというので迷わずロキソニン飲みました。

そして私の場合。
それから1週間くらい、出血が続いたので、不安になって受診したところ、
「最初はそういうこともある」
とのこと。痛みはないんだけど、なんか胸がつかえるような苦しい感じ。

最初だからかなあ・・・

って頑張ってみた。

ネットでも、5年間ほとんどちょろちょろ出血してる人とか、
そういう人もいるんだ、って自分を励ましたりしてたけど、
なんかどうにもこうにも痛くなってきて、出血も生理くらい増えてきて、

1週間で見てもらったときにそういえば、
「出血が続いて困るのならば、それまでですけど」
と言われたんだった。

体に器具を入れているというのは異物を入れているということだし、
最初は出血があるのは至極当然のことで、ある程度覚悟が必要である。

それが生活に支障をきたすのなら、取るしかないかな~

ということだったので、「1万円もかけてもうとっちゃうの!もったいない!」みたいな心理もあったし、
1か月生理が続いても、貧血起こさないかなってことと生理用品の消費が激しいなっていうくらいで
他は特に困らなかったので、こらえていた。

が、4週間経つかな~という頃、どうにもこうにも痛くなってきちゃって、
職場から受付に電話して「こんなに痛いって見てもらったほうがいいですか?」と相談した。

看護師さんが電話口に出てくれて「ちょっとおかしいかも、できるだけ早く診せに来てもらったほうがいい」と背中を押してくれて、
そのまま会社を早退して、予約はなかったけど診察を受けた。

そしたら男性医師は「ここまで違和感が長いのはおかしいね~合ってないと思う!取りましょう!」と診断をくだしてくれて、
即取った。

取るときがまた恐怖だったけど、何が起こったかわからないくらい、痛みはまったくなし、ゼロ!。
あっという間に終わった。

出した証拠を見せるためなのか、こういうのが入ってました、とIUS(ミレーナ)を見せてくれた。
手のひらよりも半分くらい小さかったかな。

こんなのが入ってて、入れるときはものすごく痛かったんだ~。
取るときに痛くなかったからもう幸せでしかなかった。

取ったら、胸のつかえみたいな苦しい感じもスーッとなくなり、
痛みもなくなった。

それでその日のうちに、ピルを1シート出されて、1か月後に血液検査に来るように言われた。

もう3か月分欲しかったんだけど、1か月後に血液検査して、その結果が出たらそこから3か月分出してくれるんだって。
慎重だな~

女医さんの「生理がほとんどなくなりましたよ」っていう言葉に期待してミレーナ(IUS)入れてみたけど、
私には合わなかった~

5年間血を流し続けた人もいるってネットのブログとか読んで、そうなってもまあ貧血を起こさない程度ならって思っていたけど
そもそも生理ほとんどなくなりたいって思ったのに毎日生理じゃ~本末転倒っていうか(笑)

そして何より胸のつかえみたいなのが本当に苦しかったから
それが無くなって体が楽になった!
この1か月何だったんだってくらい!

ミレーナの1万円は惜しかったけど、入れてみないと気が済まなかったし、勉強代だな!

ということでまたピルを飲んでいるけど、
ミレーナの外れるあたりって多分生理だったのかも。

そして、生理痛は来ちゃったし、どっちにしろ子宮内膜症疑いには効かなかったんじゃないかな?
予測でしかないけどね。

そしてピル再開してまた数か月が経ったけど、こっちのほうがやっぱり月経痛と排卵痛が軽い気がする。
それにしても、そろそろピルじゃない薬を考えたほうがいいのかもしれない。

っていうかなぜさっさとそれにしないのか逆に不思議だけど…
様子見てるのかな?
子宮内膜症の「さらに強い薬」はもしかして費用が高いのかもしれない。

なんだかんだピル再開してほっとして次のこと考えるのを怠けちゃってるけど、
「ピルは42くらいまでかな」って期限は近づいてきてしまっているので、
考えなくちゃいけないな~

スポンサーリンク