相変わらず会社を辞めたくて仕方ない私。

理由は仕事量が多すぎて精神的にきついから!

3人いた課長が一人もいなくなり、その下3人だけで仕事をこなす日々。
課員も一人辞めたから、上下の仕事がじんわり自分に降り積もってきて、時短勤務ではとてもこなせない業務量。
時短勤務じゃない人は、残業と休日出勤してカバーしてるが、私にはできない・・・

スポンサーリンク

新部長には「人が足りないという証拠を見せなければ人員が増やせない」とか言われ、
「証拠も何も、算数できる人なら、人が足りないのわかると思いますけど」と言い返すも、
ここでぶーたれたところで人事にそういう言い訳が通じるわけもなく、
毎日毎日、こなしきれない業務量にあっぷあっぷして、まるで池で口をぱくぱくしている鯉みたい。
しかも、黒のやつね。

業務量が多いのは、優先順位を考えてやれば問題ないと言われたので、
期限に余裕がある(と思われる)ものは後回しにするよね。
そしたら、結局横から横から今日明日締め切りの業務をバンバン言われるので
結局余裕があったはずのものも期限ぎりぎりになって、
毎日毎日売れっ子漫画家の原稿(イメージです)のかっつーのってくらい〆切りの毎日。

残業や休日出勤でのリカバリーは、時短している私にはとてもできず、
途中のものや一人でできないものはただでさえきついほかの二人にも業務を振るしかなく、
心は痛いし、達成感もない、毎日切羽詰まって焦って焦って、心がキュウキュウでした。

スポンサーリンク

不眠が一層きつくなり、夫に「心療内科行ってきて頼む」と言われて
あ、そうか昔から余裕なくなると病院に行くのを忘れるなあ・・・って感じで思い出して、
頼まれたから、っていうスタンスで病院に行ってみた。

眠れない原因を聞かれたので、職場の状況を話すと、
「薬じゃなくて環境改善が先でしょう」と言われ、
1年前から何度も言っています・・・と言うと、
「ただ、いったん薬を飲んで眠って落ち着きましょう」と言われてしまい、
せめて漢方とかないんですかと抵抗してみたが、一番残らないものを処方してもらい、
どうしても眠れない時だけに飲むってことで、受け入れた。

つづく
近況整理2 退職か休職か

スポンサーリンク